「ダイワ・カレイ釣り大会」in苫小牧

○今回は、編集長が参加した「ダイワ・カレイ船釣り北海道大会」の模様についてお伝えする。

5月16日 5:00
苫小牧で行われた2009年「ダイワ・カレイ船釣り北海道大会」も今年で4回目を迎える。

ルールを簡単に説明すると、ダイワのロッドかリールを使用し、25cm以上のマガレイ5枚の総重量を競う。餌は、イソメ(塩イソメ可)のみ。
開会式

6:00 出船
睡眠不足の目に朝日が刺さる。
天候は、風・波とも上々である。
高鳴る胸を押さえつつタックルの準備に取りかかる。
仕掛けは、先日考案したオリジナルをセット。

6:50 会場となる浜厚真沖に到着。
間もなくスピーカより競技開始の合図。
ゆっくりと仕掛けを送り込む。
水面温度は、わずかに2.5度。水中は4度程度か?
マガレイの活性には低すぎる。
船のあちこちでリールの巻上げが始まるもため息ばかり。
カジカの朝の挨拶である。

8:05 「魚振あり!」
細かく震える竿先・・・ 
カレイか?・・・
食いの浅い今時期、早合わせは禁物である。
ラインを送り込み次のアタリを待つ。
はやる気持ちを抑え、軽く合わせ巻き上げる。
時折伝わる魚振は平物特有のそれ・・・
ゆらゆらとその正体が見えてきた・・・
私は息の詰まる想いでただ祈った。マガレイでありますように・・・
祈りは通じた。
38cmのキープサイズ
幸先の良い一枚である。
マガレイ38

8:30
次の当たりがなかなか来ない。
船内では42cm大物が上がり羨望のため息。
マガレイ42

9:15 ズンと大きな当たりが来た。
しかし、カジカにも似た当たりでもある。
食わせの間を取り合わせる。
あまり暴れる様子もない・・・
徐々にその姿を水面に映し出した。
平物である・・・
37cmの良形であるが残念、イシモチガレイであった。
イシガレイ37

11:00
水面温度も5.2度とかなり上がってきた。
船内も慌ただしくタモが行き交っていた。
その中でもBIG1は、イシモチガレイ 45cm
船頭

11:30
その後、私は1枚のマガレイを追加し、
12:00 終了の合図となった。
マガレイ

13:00 帰港
いよいよ検量である。
私の釣果は5枚検量のところ、2枚しか釣れずお恥ずかしい結果であった。

上位3選手の結果は下記のとおりである。

1位 古川和夫さん 4,780g
2位 佐々木敏章さん 4,210g
3位 北村峰雄さん 4,150g
表彰式

しかし、1位の4,780gには圧巻。40オーバーを5枚揃えたことになる。
今回も己の未熟さを思い知らされる結果となった。

<Tackle Box> #3
今回、水面の温度を計測する際に使用したのが「非接触型赤外線温度計」である。
これはなかなかのスグレ物で、水温に限らず1mほど離れた対象物でもボタンひとつで瞬時に温度を計測してしまうハイテクグッズ。
2,000円前後でネット販売されている。
温度計

にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

テーマ : 釣り
ジャンル : 趣味・実用

コメント

非公開コメント

プロフィール

高校生アングラー<hideki>

Author:高校生アングラー<hideki>
1994生まれ
6歳の時、父に連れられて行った渓流で尺ヤマメと出会う。
以来、新たな魚との出会いを求めて北海道の道央を中心に釣り歩く。
(ブログ編集長:父) 週1回更新予定

にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
【北海道の釣りブログ・ベスト10】

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
お役立ちアイティム
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。