「ワーム・テクニック」Vol. 7 - ソイを釣る・第4話 -

●前回は、「①Time(時間)」についてお話したが、今回は、「②Place(場所)」についてお話しよう。

 

初めてご覧になる方は、当ブログを遡ってお読み頂きたい。

②Place(場所)によって大きく左右されるのは、釣りのスタイルである。

すなわち、大きく分けて落とし釣りなのか、キャストなのかということである。

ブロックとhideki

 落とし釣りなら、ゆっくり沈ませアピール時間を稼ぎたい。

私なら、ジグヘッド1/16 オンス(1.8g)にツインテール(写真:下)がお勧めなのだが、

入手が難しい。

よって、カーリーテール系やクラブ系から始めたい。
ツインテール

クラブワーム

hidekiは、ピンテールで攻める。

双方とも落とし方は、第1話で紹介したとおり30cmほど送り込んでは止め、軽く

「ピョン、ピョン」とシェイク、そしてまた送り込みシェイク。

これをボトムまで繰り返す。同じポイントで3回ほど繰り返し、反応がなければポイント移動。

赤いピンテール 

キャストできる充分なスペースがある場合、できるだけ遠くに飛ばし、広く探りたい。

こんな場合には、シャッドテール系が有利である。

ただ引きでも、尾を振るシャッドテールやカリーテールは、水中で振動を起こし、存

在位置をアピールすると言う訳だ。

しかし、カーリーテールでは空気抵抗が大きくあまり飛ばない。よってシャッドテール

をお勧めする。

風向きにもよるが、ジグヘッド1/8オンス(3.5g)位にセットする。

白シャッド 

これも第1話でお話したが、毎秒1回転ほどのテンポでリールのハンドルを回す。

反応が無いときは、上層・中層・ボトム付近と探るレンジ変えてみるやりかたを私は

基本としている。
赤シャッド 

hidekiは、遠投をする場合ピンテールを使用する。

確かに、空気抵抗が一番少ないので飛距離は出るであろう。

しかし、水中で振動をしないため、アピール性劣る。

活性の低い時には不利であろう。

ただ引きではなく、アクションを入れながら引くと良い。

黒

次は、「③Occasion(場合・状況)」について説明しよう。

海の状況は、その日によってかなり変化がある。

ここでは、水質がクリア場合と、濁っている場合についてお話しする。

クリアな場合は、前記で伸べたとおり実践して頂くだけである。

問題は、濁っている場合である。

視覚に頼る割合の大きいソイにとっても、濁りは捕食の上で大敵である。

hidekiも雨の次の日の釣行、海が濁り貧果に終わったことは数知れない。

しかし、hidekiは諦めない。少しでもバイト率を上げるための試みを紹介しよう。

濁った海

夜光ワームを使用し、少しでもアピール度を高める。

また、ボディにケミカルライトを押し込んだこともある。

夜光ワーム

 濁って、視界がきかないのであれば、聴覚に訴える作戦もある。

カーリーテールワームの中でも、ボディに「ヒダ」が付いたものをリングワームという。

このヒダが、水中を泳ぐ際、水を切り音を発するという訳だ。

リングワーム1 

また、ラトラー(ラトルとも言う)という金属球を仕込んだクサビをワームに埋め込む。

すると、「カシャ、カシャ」と大きな音を発しながら泳ぐ。

写真は、それ専用の大きなカーリーテールにポケットついたワームだ。

ラトラーを挿入後、ライターで焼き口をふさぐ。

ラトラーとワーム

また、初めからラトラー内臓されている物もある。(下:写真)

ラトラー内臓 

話をまとめよう。

②Place(場所)については、大きく分けて2つ

・ブロックの隙間や船の隙間などでの落とし釣り

ジグヘッド1/16 オンス(1.8g)位にカーリーテール系をセットしゆっくり落としたい。

棚を探りながらシェイクも忘れずに。

・キャストスペースが充分ある場合に

ジグヘッド1/8オンス(3.5g)位にシャッドテール系をセットし広く探りたい。

反応が無いときは、上層・中層・ボトム付近と探るレンジ変えてみる。

③Occasion(場合・状況)として濁っている時、

夜光・リングワーム・ラトラーを試すことをお勧めする。

まだまだ方法はあるだろう。

私が主観でお話してきたが、それにとらわれず、思いついたことをポジティブに挑戦

してほしい。 
小学5年生 

次回は、「アブラコを釣る」をお送りする。



にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ 【北海道の釣りブログ・ベスト10】




スポンサーサイト

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

コメント

非公開コメント

プロフィール

高校生アングラー<hideki>

Author:高校生アングラー<hideki>
1994生まれ
6歳の時、父に連れられて行った渓流で尺ヤマメと出会う。
以来、新たな魚との出会いを求めて北海道の道央を中心に釣り歩く。
(ブログ編集長:父) 週1回更新予定

にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
【北海道の釣りブログ・ベスト10】

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
お役立ちアイティム
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。