「メデタイ・イシダイ」新年のご挨拶

●新年明けましておめでとうございます。

本年もロックフィッシングを始め、幅広く釣りを極めたいと思っている次第です・・・

「おい、おい、 まず受験だろ!」

新年のご挨拶

 

さっそくhidekiは、お年玉をポケットに某釣具店の初売りに出かけ、ワームなどを

買い込んだのだった。
新年売り出し店内

 

おメデタイと言えば、鯛である。

本当は、赤い真鯛の釣果映像でも掲載できれば縁起が良いのだが、北海道では

少々無理・・・しかし!

hidekiが小学生の頃、イシダイを釣ったことがある。

場所は、苫小牧東港。
イシダイ1

<Fish Data>

イシダイ(石鯛)は、スズキ目イシダイ科に属する魚で、スズキ目タイ科のマダイ(真鯛)とは別種である。
日本近海に分布する大型肉食魚で、同属のイシガキダイと並んで食用や釣りの対象として人気が高い。しかし、残念ながらルアー釣りの対象魚ではない。
成魚は全長50cm程度だが、稀に全長70cm・体重7kgを超える老成個体が漁獲されている。
呼び名は、若魚をシマダイ(縞鯛)、サンバソウ(三番叟)、老成したオスをクチグロ(口黒)とも呼ぶ。

★名前の由来
石をも噛み砕く歯を持つ魚だからイシダイ、というのがごく自然で、定説のように言われています。もう一つの有力な説があります。古書にある「ひさうお」はイシダイのことだとする説です。「ひさ」とは「いさ」と同義語で斑紋を持つ魚の意味で、鯛のように平らな体であることから「いさだい」。これが訛ってイシダイになったというものです。
⇒「旬魚余話」より

★生態
北海道以南の日本各地、西日本沿岸で個体数が多い。よく釣れる水温は18-24度で、極度の高温・低温は好まない。暖流に面した、浅い海の岩礁域に生息する。
今回の場合、春に対馬暖流で日本海を北上し、夏に津軽暖流で太平洋側へ押し出されるように苫小牧方面まで回遊してきたと推測される。
その後、秋には水温が下がり、成魚となる前に一生を終えてしまう悲しい『季節来遊魚(死滅回遊魚)』なのである。
イシダイ2

にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ 【北海道の釣りブログ・ベスト10】




スポンサーサイト

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

コメント

非公開コメント

受験

はじめまして。hidekiさん、受験生ですか。
私は、中3の夏でしばらく釣りから離れ、学生時代に本格的に再開しました。
大学まで頑張れば、好きなだけ釣りができるようになりますので、頑張ってください。

Re: 受験

南さん、ありがとうございます。
あと7週間を切りました。
ラストスパートで頑張ります。
受験が終わったら即、海です。
プロフィール

高校生アングラー<hideki>

Author:高校生アングラー<hideki>
1994生まれ
6歳の時、父に連れられて行った渓流で尺ヤマメと出会う。
以来、新たな魚との出会いを求めて北海道の道央を中心に釣り歩く。
(ブログ編集長:父) 週1回更新予定

にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
【北海道の釣りブログ・ベスト10】

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
お役立ちアイティム
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。