「道南・小安漁港」で夏ロック

●夏休み道南釣行、夏のロックフィッシング3日目

日本海と太平洋の境目はどこ?

8月2日
恵山方面より函館方面へ釣り場を転々とするが、釣果はイマイチ・・・
最後に立ち寄ったのは、「小安漁港」(おやすぎょこう)。
昨日釣行の新湊漁港に程近い。
自家用ステルスで撮影

15:30
港の出入り口付近に50㎡程の面積をもつ消波提が突き出ていた。
何やら魚の気配・・・
すでにhidekiのセンサーには「魚振あり!」のサイン。
ブロック側面

防波堤とそれとをつなぐ境には、程よい開口部があり、釣り糸を待っているようでもあった。
ブロック正面

私は、濁りのない水へワームを落とし込む。
それはすぐに光のない世界へと吸い込まれた。
ブロックの水中

瞬間だった。
飢えた魚は、見境なしに疑似餌にも食らいついてきた。
ハゴトコ25cm

横にいたhidekiにもガツンときた!
良型のクロゾイGET!
Goodサイズ

その後、反応がなくなった。
hidekiの目は、消波提内部を見つめている。
私の好奇心も同じだ。
一応、親の務めとして先に内部をチェックする。
危険度は低いようだ。油断は禁物だが・・・
内部は見ての通り三角の部屋となっている。狭い・・・
大人の身長では、かなりキツイ。
腰を悪くする前に私は撤退・・・
入り口付近でhidekiの釣果を見守る。
ブロック内部

hidekiの歓声がコンクリに木霊する。
ピンボケ1

先ほどまでの不振が嘘のようである。
ピンボケ2

サイズこそ小さめではあるが、入れ食いである。
このサイズが入れ食い

hidekiが悲鳴ともつかぬ大声をあげた。
海底より浮かび上がったのは、闇色に染まった生物・・・
エイリアンの幼生

「オ~シッ!」
hidekiのガッツポーズのシルエットが見えた。
25cm弱であろうクロソイである。
本日の最高サイズ

17:00
釣了。
わずか2時間足らずでこの釣果。
まさにソイのアパートである。
釣果はコンダケ~



<今回のダメ出し・・・>
この「小安漁港」に到着早々、私は外海に敷設してある消波ブロックでの落とし釣りからはじめた。
絶好の深さのポイントを見つけ、丹念に探りを入れるも反応なし。そこをあきらめ、上記のとおり消波堤での釣りとなった訳だが、まもなく地元のアングラーがやってきた。
おもむろにそのポイントに糸を垂れた。すると・・・
ハチガラ釣りたいよ~
25cmオーバーのハチガラ(ムラソイ)である。
つぎ込んだパチンコ台を離れた途端、次に来た客に大当たりを出された気分である。
hidekiよ、父の分も釣ってくれ~

にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

コメント

非公開コメント

プロフィール

高校生アングラー<hideki>

Author:高校生アングラー<hideki>
1994生まれ
6歳の時、父に連れられて行った渓流で尺ヤマメと出会う。
以来、新たな魚との出会いを求めて北海道の道央を中心に釣り歩く。
(ブログ編集長:父) 週1回更新予定

にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
【北海道の釣りブログ・ベスト10】

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
お役立ちアイティム
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。