「苫小牧・西港漁港区」で雨のロック

●7月27日、苫小牧市にある西港漁港区でのロックフィッシングを報告する。

北海道・苫小牧

苫小牧市には、西港ブロックと東港ブロックの二つが存在するが、どちらも商工業系で発展した港である。その西港ブロックで唯一の漁港が西港漁港区である。
西港ブロックは、内陸側に幅約500m、奥行約7kmもの広大な水域を有し、その入り口に西港漁港区が位置する。
したがって、魚の回遊が多くニシン・イワシ・サバ・ホッケ・マイカのほか、大物カレイ、消波ブロックではソイ、アブラコの大物報告が数多く聞かれる。
自家用ヘリからの撮影

15:00
ここ数日、悪天候続き・・・
海水もご覧のとおり、ダークな状態である。
本日も雨であるが、天候回復を期待し車中にてワームを結びながら、夕間詰めを待つ。
北海道にも梅雨?異常気象。

17:00
やや小降りになったため、実釣開始。
雨に濡れたブロックは滑りやすく危険であるため、防波堤からの落とし釣りから始める。
静かに棚を探りながらワームを落とし込む・・・すると、
小さな「魚振あり!」
軽く合わせた。
やはりスタートはこのサイズ。
チビソイGet!
やはり最初はチビソイ。

17:05
時同じくhidekiもロッドを曲げていた。
サイズの割りに激しいファイトを見せたのは、20cmほどのクロソイ。
この長雨でストレスが溜まっているのは、人も魚も同じである。
食欲旺盛!育ち盛り。

18:00
4インチワームに結び直し沖へキャスト。
濁った中でも食らいついてきた。
この刺さり方、痛いよね~ゴメン!

19:30
反応が途絶えてきた。
根掛かり覚悟でフルキャストの後、海底までワームを沈める。
底を引きずるかのごとくゆっくりとリールを巻き始める。
グイッと抵抗感が伝わる。瞬間合わせを入れる。
動かない・・・
根掛かりか・・・
溜息・・・
その直後伝わる魚振!!
慌ててロッドを立て直す。
濁った水面にしぶきをた立てたのは、27.5cmのクロゾイだった。
満足の一尾。
やったネ~本日の大物賞はオレの物~

20:00
雨が激しさを増し、やむなく釣了。
この悪条件の中、いつものペースを守りきったhidekiは、25~27.5cmを3本。
脱帽である。
ゲっ!!hidekiもデカイの釣ってるじゃん。それも3匹。たまには父に花を持たせろョ・・・

<Tackle Box> #5
今回初めて使用し、高釣果であったワームを紹介する。

YUM SAMURAI SHAD 4"PEARL WHITE/PINK
この4インチ ワームは、白く輝くパールホワイトのボディにショッキングピンクのシャッドテールが特徴。
今回のように、透明度の悪い水質であってもアピール性が高い。
ワゴンセールで安かったのさ!

にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村



スポンサーサイト

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

コメント

非公開コメント

プロフィール

高校生アングラー<hideki>

Author:高校生アングラー<hideki>
1994生まれ
6歳の時、父に連れられて行った渓流で尺ヤマメと出会う。
以来、新たな魚との出会いを求めて北海道の道央を中心に釣り歩く。
(ブログ編集長:父) 週1回更新予定

にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
【北海道の釣りブログ・ベスト10】

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
お役立ちアイティム
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。