「苫小牧東港・一本防波堤」でヒラ&ロック

●今回は、悪天候につき釣行は取りやめ、過去の釣行を報告させて頂く。

2007年6月12日 「苫小牧東港・一本防波堤」
ここは、過去にも紹介したヒラ物・ロックフィッシュの大物釣りができる一級ポイントである。

15:00
現地に到着。
すぐさま準備を整えロッドを振った。
一本防波堤の際を丹念に探るもなかなかアタリがない。
ポイントを変え、消波ブロックへと渡る。
深そうな穴に落とし込む。
小さなアタリが・・・突然おおきな引きに!
「魚振あり!」ロッドがしなる。
ラインがブロックこすられないよ慎重にロッドを操る。
なおも抵抗する獲物。
そんな1分程のやり取りが楽しい。
上がったのは30cmのクロゾイ
hideki満足の一尾。
ソイ30

18:00
陽も落ち始めころ、夜行性生物が活動開始。
消波ブロックの寝床から次々と飛び出てきた。
わずか1時間ほどで、この釣果。
すべて25cmアップのクロゾイである。
釣果1
明日に備え1日目を終了。

4:30
夜明けと共に行動開始。
私は、500mほど沖に突き出た防波堤の突端より遠投をかける。
ポイントは、沖方向やや左か。
早くもアタリがあるが、コアブ(小さいアブラコ)とわかる魚振ばかり。

7:30
竿先ににぶいアタリ・・・ ヒトデか?
その後、おおきく糸がフケる。
静かに糸フケを取り、大きく竿をシャクった。
ズシリと重い。この時点ではヒトデという事も否定できない。
ゆっくりとルールを巻き始める。
「魚振あり!」期待が高まる。
獲物が外れないよう慎重に巻き続ける。
30mほどに近づいた。ここからが難しい・・・
防波堤の周辺は海草類が密集し、根掛かり頻発エリア。
ここは、フックアウト覚悟で勢い良く巻ききるしかない。
竿を支える腕に力を込めて一気に巻き上げた。
魚体が見えた。カレイだ。かなりのサイズ・・・
上ずった声でhidekiを呼び、すぐさまタモ入れ。
上がったのは、44cmクロガシラであった。
クラガシラ44a

8:00
同じポイントにキャスト。
興奮覚めやらぬ間に、また大きなアタリが来た。
今度はそれと判る反応である。
慎重な合わせと巻き取りは言うまでもない。
海草エリアをクリアーし見えてきたのは・・・
36cmクロガシラ(下)
クラガシラ44_36

その後、陽が高くなるとアタリが絶え釣了。
充実の時をhidekiと過ごした。

にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

コメント

非公開コメント

プロフィール

高校生アングラー<hideki>

Author:高校生アングラー<hideki>
1994生まれ
6歳の時、父に連れられて行った渓流で尺ヤマメと出会う。
以来、新たな魚との出会いを求めて北海道の道央を中心に釣り歩く。
(ブログ編集長:父) 週1回更新予定

にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
【北海道の釣りブログ・ベスト10】

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
お役立ちアイティム
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。