スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

苫小牧「東港区~浜厚真漁港」でhidekiがライトロック

●今月初め、早朝の白老沖カレイ釣りの後、夕方からのライトロックの模様を報告する。

13:30
早朝からのカレイ釣りで苫小牧から帰った私が、釣り道具を片付けているとhidekiが部活から帰ってきた。
私は、3時起きでバテバテだが、hidekiは部活の疲れなどないようだった。
話はすぐに決まった。
私は、タックルを積み替えた。

15:00
苫小牧東港に到着。
海は、少々濁っているものの、チカだろうかベイトフィッシュが泳ぎまわり好条件。
hidekiは、早速ロッドを車から降ろす。
私は、遅い昼食の後、仮眠を取る。
カメラは、hidekiに預けた。

ベイト

「コンコン」車の窓をたたく音で目が覚めた。
hidekiである。
その手には、アブラコが・・・

アブ

hidekiは、言った。
「2本目だよ。」
確かに預けたカメラにはアブラコの映像が・・・
なかなか好釣である。

アブ1

陽がもうすぐ落ちる。
私も疲れた体にムチ打って行動開始。
(少し大げさ・・・)

夕焼け

早速、「魚振あり!」
小ソイではあるが、やはり嬉しい。

M1

hidekiも横でチビソイHit!

ソイ1

少し、サイズアップ!

M2

同じサイズをhidekiもHit!

ソイ2

19:30
更なるサイズアップを狙い「浜厚真漁港」へ移動。

夜景

ブロック周りを探るとすぐに反応が!

M3

サイズは、イマイチだが面白いように食ってくる。

M4.jpg

またキタ!

M5.jpg

hidekiは、満足できない様子。
ポイントを移動。

hideki_20101028222044.jpg

21:30
hidekiは、疲れた私を気遣ってか、〆の一尾で素直に釣了。

ソイ3

帰り道、愛車のオドメーターが・・・
イマドキ、アナログ?!

メーター

にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ 【北海道の釣りブログ・ベスト10】
スポンサーサイト

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

室蘭「沖堤」でhidekiがBIGロック

●今回は、古くからの釣友、やっちゃんからのお声がけにより、室蘭「沖堤」での初ロックとあいなった。
 hidekiのロックは・・・

本日、朝2:30にこちらを出発、4:40到着。
今回お世話になるのは、「つりぶねや」の海洋丸である。
出航まで、1時間ほど間がある。

釣り船

早速、hidekiは、遊漁船の周りを探る。

hideki港で

すると良形をHit!
本日、出足好調。

ダート2

さらにサイズアップ!

ダート1

hideki、もう沖堤まで行かなくてもいいんじゃない?

ダート3

その位で止めておいた方がいいゾ!
運を使い果たす前に・・・

ダート4

6:00
出航。
メンバーは、やっちゃん・ふーさん・hidekiと私の4人である。

s-3人

白鳥大橋をくぐり、美しい朝日を浴びる。
寝不足の目に少ししみる・・・

朝日

20分ほどで、沖堤に到着。
胸躍らせて上陸。

陸側

大黒島が近くに見える。
雲ひとつ無い秋晴れ。
風も波も穏やか。
申し分のない釣り日和である。
早速、私は「投げ」の用意。
投げ竿を出すのは久しぶりである。
しかし、投げはせずに、真下に落とす。
すると・・・

大黒島

すぐに大きなアタリ!
トップを切ってアブラコGET!
いきなり、ランディングネットの出動となった。

投げdeアブ

ふーさんも投げをセットし、一服しようした時だった。
大きく震える竿先!
慌てて巻き上げる。

s-ふーさん

上がってきたのは、トウベツカジカ。
良形である。
私がランディングし、ネットから外そうとした時、
左手を「ガプッ!」と噛まれた・・・
左手は、いつも手袋をしている私。キズは負わなかったものの、アゴの力は予想以上。
みなさんも気をつけてほしい。

s-ふーさんのカジカ

私は、良形のガヤをHit!

イイサイズ・ガヤ

hidekiは、トウベツカジカをGet!
今夜の鍋が楽しみだ。

カジカ

今までなりを潜めていたやっちゃんが動き出す。
ロッドが振るえた!

やっちゃんガヤ1

良形のガヤGet!

やっちゃんガヤ

hidekiは、ブロックの隙間でソイをヒット!

hidekiソイ1

私もhidekiの横でワームを沈めた。
2mほど沈めたところで、小さな反応・・・
「魚振あり!」
大きく刺さり込んだ。
ブロックにこすられる前にグイグイと巻き上げる・・・

魚振あり!

上がってきたのは、良形のマゾイ。

BIGソイ1

30up・・・
満足の一尾。

BIGソイ

おまには、やれないな・・・

オコボレ

やっちゃんも絶好調。
良形アブラコGetする。

やっちゃんアブ

緑のシャッドテールで食わした!
十八番(オハコ)を奪われたhidekiに火がついた。

やっちゃんアブ2

hidekiは、状況を読む・・・
ここは、カタクチイワシの幼魚のほか、10cm程のチカが泳ぎ回っている。

いわしの群れ

チョイスしたのは、ワームではなく10cmほどのミノー。
そして、表層をスイミング・・・
すると「キターッ!」

ミノー

デップリとしたアブラコ・・・
計測の結果、自己ベストタイの53cm
脱帽である。

BIGアブ2

hideki、勝利に酔いしれる・・・

s-hidekiデカアブ

私はというと・・・

ヒトデ

hideki、ノリノリ!
シマゾイGet!

シマゾイ

そしてアブラコ35cm

アブ

私は、デブガヤHit!

でかガヤ

また、またhidekiが・・・
メタボのアブラコ42cm
もう止まらない。

アブ42

しかし、タイムアップ
12:00
お迎えである。

帰港

帰港途中、修理中の遊漁船「ベルーガ」を発見。
先日、漁船と衝突した記事を新聞で読んだ。

ベルーガ

帰宅後の夕食。
当然、カジカ鍋。
ゼラチン質の多い身と、プチプチとした食感の卵・・・
もうたまりません!

カジカ鍋

<p.s.>
ユースケさん、pokpsukeさん、Tちゃん、
先日は、ありがとうございました。
その時のリポートは、日を改めて・・・

にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ 【北海道の釣りブログ・ベスト10】

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

小樽・積丹方面「美国&高島漁港」でBIGミーティング!

●今回は、積丹方面「美国漁港」&小樽「高島漁港」でのBIGミーティングについて報告する。

10月16日
今日は、めずらしく部活の無いhideki。
朝から、釣行先をネットで下調べ・・・風の穏やかな小樽・積丹方面へと決定。
車に飛び乗る。
かねてより、釣行の約束をしていたカイさんに連絡をとるも、残念ながらバイトでご次回よろしくとのこと。
pokosukeさん、ユースケさんに連絡をとる・・・OK
楽しみである。

13:30
美国到着
まずは、腹ごしらえ。

昼飯

美国は、秋晴れ、風も穏やか・・・
hidekiにとっては、久しぶりの息抜き休日である。
何か良い予感が・・・

美国

まずは、いつものチビソイの挨拶。

コソイ

お腹のおおきいハゴトコも続いた・・・

ハゴトコ

昼間にしては良いサイズ。
美国は、濃い!

hideki 1

「ドーン!」
hidekiのお得意、
アブラコGet!

アブ2

「まあ、まあかな?」
余裕である。

アブ

小ソイだが、おもしろいように食ってくる。

hideki 2

サイズアップ!

hideki 3

もう止まらない!

hideki 6

pokosukeさん&Tちゃんと合流。

hideki 7

勢いのある者には、かなわない。
「魚振あり!」
ロッドが弧を描く。
その先で暴れていたのは・・・
何やら、ヒラモノ?

ヒラメ1

「ヒラメ」である・・・
pokosukeさんがメジャーをあててくれた。
ソゲサイズではあるが、うれしい一尾。
脱帽である。

ヒラメ2

夕間詰め。
やっと私にソイHit!

ソイ1

pokosukeさんたちは、アキアジ釣りに夢中・・・
港内にかなり入ってきている。

T&P

サイズの上がらない私・・・

ソイ2


<Tちゃんとhidekiの会話>

T&hideki

T:「師匠!メールを打ちながらでも釣れるのですか?」
hi:「釣れるとも。ホレ!」

hideki 5

T:「私にも釣りの極意を教えてください!」
hi:「まだ早い!」

T:「師匠!・・・師匠?・・・師匠~お~っ・・・いない。」
Tちゃん

hidekiと私は、pokosukeさんとTちゃんに別れを告げユースケさんが待つ小樽へ向かった。
(P&Tは、アキアジが釣れるまでここでねばるそうである。)

ソイ4

ここは、高島漁港。
私は、小樽港に不慣れなため、わがままを言ってこの港をお願いしたのだ。
kidekiは、ここに来ても好釣キープ。

hideki 4

すぐにユースケさんが現れた。
さらに、M田さん・muraさん・OWLさんがごいっしょだ。
初めてお会いするが、ブログではお世話になっている方々である。

ユースケさん&hideki

雨の中、みなさんhidekiの為に・・・
ありがとう。

hidekiダートラ

皆さんとロッドを振っていると・・・
ユースケさんHit!
ごそごそとバックの中のカメラを探すユースケさん。

ユースケさん

私:「ユースケさん、遅!」
ユ:「根がまじめなもんで・・・」
即、私がパチリ!

ユースケさんのソイ

楽しい時は、瞬く間に過ぎる。

ソイ3

21:15
hidekiは明日、部活である。
後ろ髪を引かれる想いで私たち二人は釣了。
最後に記念撮影。
みなさん、ありがとう。
次回の釣行を楽しみにしています。

M田さん・私・OWLさん・muraさん・hideki・ユースケさん↓
ゴールデンメンバー

<p.s.>
このあと、ユースケさんたちは、餌木麿さんと合流したそうで・・・会いたかった。
ご次回よろしく。

【pokosukeさんのページ】
【ユースケさんのページ】
【M田さんのページ】
【OWLさんのページ】
【餌木麿さんのページ】

にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ 【北海道の釣りブログ・ベスト10】

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

積丹「幌武意漁港・沖」でミニロック&ブリ

●今回は、9月釣行のミニロック&ブリについて報告する。

ここは、ブリ釣りで何度か紹介している「幌武意漁港」である。
今日は、かなりの「うねり」が出ている。
はたして「浜丸」船長の決断は・・・

うねる港

船長の判断待ち・・・
その間、港内で軽くワームを撃つ。

港内

軽いアタリが何度もあるが乗らない。
ワームを見ると、
「ボロボロ・・・」
フグである。
覗き込むとあちこちに5cmにも満たないフグの姿が・・・

ボロボロワーム

フグの攻撃をかわしながらやっとHit!
ミニソイではあるが価値のある一尾。

ソイ1

前回、hidekiがヒラメを釣り上げたポイントへ撃つ・・・
「魚振あり!」
大きく弧を描くロッド・・・しかし!
母なる地球・・・ワームをロスト。

魚振あり!

またミニソイで「第1ラウンド」終了。
船に乗り込む。
地獄の「第2ラウンド」が待っているとも知らず・・・

ソイ2

18:30
予報では、うねりは収まるとのこと。
船長の判断は、GO!である。

出港

船長は、魚探を注意深く見ながら船を停めた。
「いるど~ 底近くだ~」
船長の支持が飛ぶ。
みんな一斉にロッドを振った。
そして何本か上がり始める・・・

踊る船内1

そして、私のロッドにもHit!
フッキングを力強く入れ、巻き上げた。
ドラグが啼く・・・
無理をせず泳がせる。
獲物が疲れを見せたところで一気に巻き上げた。
上がってきたのは、雄々しい面構えのブリ(ワラサ)。
幸先が良い。

ブリ

続いてりん太朗さんにもHit!
船中、活気に沸き立つ・・・

りん太朗さんゲッツ

しばらくすると、2本目Get!
良かったのはここまでであった。
うねりは、なかなか収まらない。
私は、トイレに駆け込んだ。
船酔いである・・・

ブリ1

りん太朗さん、またHit!
軽く巻き上げネットイン!

タモ入れ

平然と2本目を上げる。
さすが、「海の男」りん太朗!
に比べ私は・・・クーラーボックスに座り込む始末。
そして、力無くロッドを揺らしていると・・・

りん太朗さん

それでも来た!
3本目Get!
「運」だけはあるようだ。

ブリ2

雨が強さを増してきた。
船内では、ブリが踊る。
船長の指示にも力が入る。
「浮いてきてるど~!」

踊る船内2

その指示通りにジグを踊らすりん太朗さん・・・
Hit!
今度はなかなかのサイズだ!

りん太朗さんGET2

私も下を向かないように指示棚に合わせる。
すると、「ガツンッ!」
私は、苦い胃液をかみしめながフッキング。
この瞬間だけは、船酔いから開放される。
体力に限界を感じ、短期決戦を決断!
指ドラグを駆使し、グイグイと巻き上げた。
4本目Get!

ブリ3

りん太朗さん、平然と4本目
そして、「ニヤッ」
ちょっと腹がたった。

りん太朗さんGET

その後、体力の限界を超えクーラーに腰かけ、ウトウトしていると、
船長の大きな声で目が覚めた。
「今日は、もう少しで80本だな。みんな頑張れや!」
上機嫌である・・・
すると、「クン、クン!」と私のロッドに小さなアタリが・・・
半信半疑ながらも一応フッキング。
「ガツンッ!」
これもブリであった。
最後の力を振り絞り、釣り上げた。
途中、何度も逆に釣られそうにもなった。

ブリ5匹

本日の釣果。
そして、朝7:30帰宅。
後片付けもそこそこに爆睡・・・

かまの塩焼き

次の日、「かまの塩焼き」
hidekiが「旨い!」と言ってくれた。

にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ 【北海道の釣りブログ・ベスト10】

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

苫小牧市「西港区」でhidekiがロック!

●ひと月ほど前のhidekiの釣行についてお伝えする。

部活が早めに終わったhideki
今日は、苫小牧市「西港」で魚のご機嫌を伺う・・・

hideki_20101009002741.jpg

早速、ガヤの挨拶。
この辺で、昼間ヒットするのは珍しい。

メバル

こんどは、マゾイをGET!
このクローワームは調子が良い。

クロソイ

hidekiは、船着場を丹念に探る・・・
すると、「魚振あり!」
合わせを入れる
「グンッ」とロッドが曲がった!
お構いなしにグイグイとベイトリールを巻き上げた。
上がってきたのは・・・

アブ釣れた

Goodサイズのアブラコ!

BIGアブ

早速計測
42cm・・・満足の一尾

あぶ1

夕間詰め

夕焼け

やっと私にファーストヒット!

ソイ3

hidekiは、買ったばかりのメタルバイブのテスト。

メタルバイブ1

私は、少々サイズアップ。
横でhidekiがまた
「チッチャイ」・・・
「うるさいヨ!」

ソイ4

メタルバイブは、万能なのか?
今度アブにも試してみよう。

めたるばいぶ2

またもやhidekiにHit!

あぶ3

昼間のサイズには、及ばないがなかなかの良形のアブラコである。

あぶ2

私にもやっとまともなサイズが来た。
「やっとだネ。」
「うるさいよ!ほんとに」

ソイ5

チビソイ

ソイ2

今日の私は、これが「いっぱいいっぱい」である。
hidekiに言われてもしかたない・・・

ソイ6

チビソイ・・・

ソイ9

hidekiもチビ

ソイ8

私にチビ

ソイ10

数は釣れて楽しいのだが・・・

ソイ1

大物には、時間が早すぎるようだ。

チビソイ

hidekiは、ミノーを結んで遊ぶ。

ミノー1

21:00
hideki 〆の一尾。
釣了とする。

ソイ7

西港


にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ 【北海道の釣りブログ・ベスト10】

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

高校生アングラー<hideki>

Author:高校生アングラー<hideki>
1994生まれ
6歳の時、父に連れられて行った渓流で尺ヤマメと出会う。
以来、新たな魚との出会いを求めて北海道の道央を中心に釣り歩く。
(ブログ編集長:父) 週1回更新予定

にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
【北海道の釣りブログ・ベスト10】

カレンダー
09 | 2010/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
お役立ちアイティム
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。