スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

内浦湾「有珠漁港」でのロック動画

●今回は、過去の釣行の中から「有珠漁港」で撮影した、動画を掲載してみた。

 ⇒詳細については2009/10/23掲載



<Tackle Box> #12

今回は、アブガルシアのランディングネットを紹介する。
DSCF2649.jpg

折りたたんだ状態で、40cmほど。
DSCF2651.jpg

開くと70cmほど。
DSCF2652.jpg

柄を伸ばすと、1m位になる。
DSCF2654.jpg
難点もある。
・ジャケットなどに固定するマグネット式フックの磁力が弱い。
・片手で開くには、熟練が必要。
実売価 3,000円ほどである。

にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ 【北海道の釣りブログ・ベスト10】
スポンサーサイト

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

小樽市「祝津漁港」でロック調査2

●今回は、ロック調査の2回目として、小樽市「祝津漁港」へ入釣
 hidekiの調査結果は・・・

この「祝津漁港」は、小樽市内より北へ車で10分ほどの場所にある、ホタテ漁で栄える漁港である。

北海道1

衛星写真

3月23日
11:30
高速を飛ばして(法定速度)やってきたのは、小樽市「祝津漁港」
hidekiも私も初入釣の場所である。

祝津漁港

hidekiは、NEWロッドを手に車を降りた。
今日は、その「入魂式」なのである。
しかし、雪解け水の流れ込んだ港は濁り、今日の釣行を重いものとした。

濁った海

祝津漁港を南へ下がり、程近い磯へとやってきた。
ここは、先程よりも水質がよい。

祝津の磯

私のロッドに反応が!
いつのも住人の挨拶である。

生エサではありません。これもガルプです!イソメそっくり。

さらに移動。
今度は、祝津漁港の北側に隣接するマリーナに来た。

祝津マリーナ

ここも、濁りが入り釣果が出ない。

消波ブロックの隙間

気を入れ直すため、昼食とする。

昼飯はいつも同じ

移動。
三度(みたび)「高島漁港」へとやって来た。
大岩付近の水質は、良好であるが生物反応がない・・・

海底ブロック

そんな中、hidekiがHIT!
(そんなんでいいのか、入魂式?)

漁業資源を大切に

「あそこしかないな。」
hidekiもうなずいた。
例の「黒い魚影」の場所である。

hidekiは、ワームをホッグ系に結び直し静かに沈める。
すると・・・
「魚振あり!」
グイッとしなるロッド。
水が濁って確認できない。
一気に引っこ抜く!


いつものポイント

忘れかけていた興奮が蘇った瞬間だった。

あぶちゃんGET!

レギュラーサイズではあるが、この条件下では贅沢はいえない。
無事、入魂式を終えることのできたhideki・・・

Daiwa INFEET-X' EG79L 入魂完了!

雪が降ってきた。

雪の高島漁港

20:00
寒さがしみてきた。
釣了。

おやすみ

<調査報告>
今回の「祝津漁港」であるが、先に述べたとおりホタテ漁の漁港である。
ホタテの選別の際に出る洗い水が水路を通って海に出るが、その時間帯において活性が上がる可能性が高いと考えられる。
今回は、雪解け水の影響で濁りが入った悪条件ではあったが、4月には回復するだろう。
次回は期待大である。
「高島漁港」では、「黒い魚体」にはお目にかかれなかったものの、その弟をHITできた。
春は着実に近づいている。
「オイッ!寝るなっ!」

にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ 【北海道の釣りブログ・ベスト10】

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

蘭越町「尻別川」河口でサクラ咲く

●今回は、「サクラ咲く」にちなんだ過去の釣行報告とhidekiからのメッセージをお伝えしよう。

2008年 3月 28日
5:00
ここは、蘭越町「尻別川」河口付近。
夜明けから、行動開始。
狙うは、サクラマス(海サクラ)。
風は無く、波も穏やか。まあまあのサクラ日和である。
しかし、夏物のウェイダーしかないhidekiと私・・・
海に入ると冷たさが徐々にしみてきた。
100投して、1タッチ。1,000投して、1ヒットと言われるように、おいそれと釣れる相手ではない。
がっ・・・

hidekiとサクラ

6:00
「100投もしてないだろ!」
hideki ビギナーズラック・・・(写真)

サクラマス

8:00
私もヒットしたが痛恨のフックアウト・・・
人生、勢いのあるヤツにはかなわない。


◆ hideki サクラ咲く ◆
何とか第一志望校に合格することができました!!!
これからは心置きなく釣りができます。でも最近はカラオケばっかりです、、、。
早く良い釣果を報告できるようにガンバリマス!!(hideki)

桜

皆様には、大変ご心配をおかけ致しました。
無事、第一志望の公立高校へ進学できる運びとなりましたことをご報告いたします。
ほんとうに応援ありがとうございました。(hidekiの父)

ところで、東京などの大都市圏の方々は、「公立高校に合格して、なぜそんなに喜ぶの?」とお感じではないだろうか。
地方では、大学進学への優位性において「私立」も「公立」もあまり変わらないのである。
であるならば、授業料の安い「公立高校」を目指す受験者(親)が多くなる。
よって、倍率も高くなる。倍率の高い公立高校に進学するのはステータス?・・・
といった構図なのです。
民主党さん、高校無償化をもう一歩推し進めて、高校の義務教育化をお願いします。

にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ 【北海道の釣りブログ・ベスト10】

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

積丹「余市港」でロック調査

●春遠い雪の積丹へとロック調査に出発。hidekiの調査結果は・・・

3月14日
荒れる海を眺めながら車を余市に走らせた。

荒れる日本海

11:15
余市港に到着。
辺り一面の雪景色。
春はまだなのか・・・

余市漁港は雪景色

港の中は、風弱く波も穏やかであった。
水質も良好ではあるが、気温・水温ともかなり低い。
魚の活性も低いと予想される。

寒さ知らずのhideki

海底に敷設されたブロックの隙間を丹念に探るも反応なし・・・

ブロックが敷設

一通り気になるポイントをつぶしてみたものの生態反応すらない・・・

ねばるhideki

仕切りなおしの為、昼食を取り体を温めた。

昼飯

13:00
港の中を西側へと移動する。
コンクリートに張り付いた藻の間を丁寧に探るhideki
すると・・・

丹念に探るhideki

「魚振あり!」
スレかい!?

本日のファーストヒット

14:00
北西の風が強くなってきた。
容赦なく、体温を奪う・・・
風陰を求めて、さらに西側へ移動
余市港の最西端には、「⇒第一清陽丸さんページ」にも紹介された、海上自衛他の基地があった。
そこには、真新しい「ハイテク巡視艇」が停泊。
かなりの迫力である。

ハイテク巡視艇

hidekiは、魚しか興味が沸かないらしい。

釣り人に扮した北側の工作員

海上自衛隊のエリアにワームをフルキャスト!
「オイ、オイ。」

コラコラ!海上自衛隊のエリヤに投げちゃダメ。

船着場には、なにやら波の抜ける空洞がある構造・・・
一応、チェック
しかし、反応はなし。
奥までワームを投げ入れると、ムラサキガイに引かったのかワームをロスト
ワームを結びなおすも、かじかんだ手では時間がかかる・・・

船着場の空洞

15:00
防波堤側でようやく私にHit!

ボーズ回避

天候が悪くなければ、エギングに移行したいところであったが、寒さでライフをかなり削られた。
車に戻りコーヒーで充電。

15:30
余市マリーナへ移動
3人ほど投げ釣りを楽しんでいた。

余市マリーナ

私は、魚の溜まりそうな「角」に糸を垂れた。
するとアタリが・・・

角で魚振

やっと魚らしいサイズにお目にかかれた。

サイズアップ

消化不良のhideki・・・
このまま帰宅するのは不満が残る。
「最後にアソコに寄るか!」
「うん。」
先日の高島漁港である。
あの「黒々した魚体」が気になってしょうがない様子だ。
実は、私もだ。

もう帰るゾ~hideki

18:20
日没釣了。
今回の調査結果として、余市港、海上自衛隊エリアが夏場有望と判断する。
水温が上がるまで、しばらくは、このような渋い釣果が続くであろう。
「ロック調査」は、シーズンに向けて新たな釣り場を開拓する重要な作業である。
hideki、今日は運を使わずとっておけ!

◆hidekiの卒業式◆
卒業式
3月13日
中学校の卒業式が行われました。
3年間は早いものです。
あんなチビだったのが、今や私に追いついた感じです。
子供の成長は実に早い・・・

にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ 【北海道の釣りブログ・ベスト10】

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

小樽市「高島漁港」でロック・スタート

●今年初めての釣行は小樽市の「高島漁港」
hidekiの釣果は・・・

受験の全工程を終了し、「人事を尽くして天命を待つ」という心境のhideki
そんな中、気持ちはすでに「海」。
受験が終わったその日から、タックルの用意、天候チェックと準備をしてきた。

北海道1

高島漁港

3月6日
今日の天候は全道的に思わしくない。
太平洋側、日本海側とも風が強く、極力北西の風が背にできる小樽方面へと決定。
車を走らせた。

小樽港

9:45
小樽港に到着
北西の弱風、今にも降り出しそうな曇天である。
hidekiは、車から飛び降りすぐさまロッドを振った。

水産庁

私もワームを沈めてみた。
しかし、生体反応がまったく感じられない・・・
近くには、水産庁の中型船が停泊していた。

11:00
とうとう降り出した。
風も強くなり、場所移動を決断。
積丹方面の選択肢もあったが、移動に係る時間なども考慮し、小樽港の最西端にあたる「高島漁港」で海のご機嫌を伺うことにした。

雨の小樽運河

11:20
どうにか雨だけは上がってくれた。
風は、相変わらず強い。

漁船の陰

カニ

hidekiは、魚が溜まりそうな角にワームを落とした。
その時だった!
偏光グラスをかけた私の視界に黒々とした魚の泳ぐ姿が・・・かなりのサイズである。
「hideki見たかっ!?」
水面の乱反射で、hidekiには見えなかったらしい。

大物が泳ぐ

12:00
私は、車に戻りカップ麺にお湯を注いでいた。
すると、興奮気味にhidekiが車の窓をたたいた。
「お父さん、居た!でっかい!」
やはりあのポイントであった。
ホッグワームを躍らせると船着場の下から出てきたのだ。
もう少しで、食い付いたらしい。
くやしがるhidekiを尻目に泳ぎ去ったのだった・・・

「hideki、麺が伸びるぞ!」
大物を狙うhideki

13:00
仕切り直し。
堤防側に移動
hidekiは、消波ブロックの陰に廻り込み冷たい風をやり過ごした。

高島漁港・岩1

私は、そのブロックの中に潜り込み、落とし釣り・・・
すると「魚振あり!」
今シーズン最初の獲物をGET!・・・ん?。

ワームと同じサイズのカジカ

hidekiは、このコンディションで大物釣りには無理があると判断。
2インチワームに刺し替える。
そして、すぐさまHIT!・・・ボウズ回避

カジカしかいないのか・・・

16:00
陽が傾き始めた。
最後にもう一度、あの大物のポイントへ・・・
「う~ん」hideki は唸った。

高島漁港2

17:30
釣了。
本日は、大物の魚影を確認できただけでも収穫としよう。
着実に春は近づいているのだから・・・

<<ヒートテック>>
今日の寒さは、身にしみた・・・
これは、噂どおりに暖かい。
ユニクロ「ヒートテック・タイツ」
モモヒキでは、hideki が可愛そう・・・
カムフラージュカラーを気に入ってくれた hideki だった。

ヒートテック

にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ 【北海道の釣りブログ・ベスト10】

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

高校生アングラー<hideki>

Author:高校生アングラー<hideki>
1994生まれ
6歳の時、父に連れられて行った渓流で尺ヤマメと出会う。
以来、新たな魚との出会いを求めて北海道の道央を中心に釣り歩く。
(ブログ編集長:父) 週1回更新予定

にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
【北海道の釣りブログ・ベスト10】

カレンダー
02 | 2010/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
お役立ちアイティム
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。